歯並びが気になっている人向け

目立たないという特徴

一定時間マウスピースを歯に装着し、歯並びを戻す方法があります。
歯科矯正にはワイヤーを使う方法もありますが、それは目立ってしまう面がデメリットと言われていました。
しかしマウスピースなら、ワイヤーよりも目立ちません。
ですから、見た目を気にする人に向いています。
さらに最近は透明なマウスピースを使える歯医者も増えており、見た目の問題は特にありません。

ワイヤーは、ずっと装着したままにしなければいけません。
しかしマウスピースは、少しの時間であれば外すことができます。
そのため食事がスムーズにできますし、歯磨きも快適に進められます。
ですが、1日20時間はマウスピースを装着することを守ってください。
それよりも長い時間マウスピースを外していると、矯正の効果を失ってしまいます。
ですからマウスピースで歯科矯正を行う時は、本人の努力が非常に重要だと覚えておきましょう。

マウスピースを使った矯正は、できる場合とできない場合があります。
症状が軽い場合は使えますが、悪化している時はマウスピースでは対応できないと言われるかもしれません。
その際はマウスピースの他に、ワイヤーも使って矯正を進めることが多いです。
歯並びが気になっている人は、早めに歯医者に行って自分がマウスピースで矯正できるのか医師に尋ねてください。
歯並びが良くなると噛み合わせが良くなったり、見た目が綺麗になったりするメリットを得られます。
また、子供でも矯正ができます。

マウスピースを使うメリット

ワイヤーに比べてマウスピースは、目立たないという特徴を持っています。 ですから見た目を気にしていたり、人と近い距離で接したりする仕事をしている人に向いています。 矯正器具を付けていると、印象が悪くなるかもしれません。 仕事のことも考えて、矯正方法を決めましょう。

好きな時間にマウスピースを外せる

マウスピースを、ずっと歯に付けたままにするわけではありません。 決められた時間内だったら外せるので、食事や歯磨きの時も楽です。 ただマウスピースを外したら、時間を確認して行動しましょう。 用事が済んだら、きちんと再度装着することが矯正を成功させるポイントです。

医師に歯並びを見てもらおう

自分はマウスピースで歯並びを矯正したいと思っても、歯並びの状態によってできない可能性があります。 知識がない素人が判断するのは難しいので、矯正したいと思ったら早めに歯医者を受診してください。 マウスピースだけで矯正できない場合は、ワイヤーも併用していきます。

TOPへ戻る