医師に歯並びを見てもらおう

ワイヤーも併用して治療する

症状がひどい時は、マウスピースだけで治療するのが難しいと判断されます。
そこでワイヤー治療も行うことで、治療の効果を最大限に発揮することができます。
ただその場合は、ワイヤー治療の料金が追加されることがあるので気を付けてください。
事前に医師から、歯並びを矯正した時にどのくらいの費用が発生するのか聞いておきましょう。

軽度の症状を改善する時は、数か月で治療が終わります。
しかし悪化している時は、半年から1年ほどの時間が掛かるケースが多いです。
マウスピースは少しずつ歯を動かして正常な位置に戻していく方法なので、すぐに治療が終わるわけではありません。
そのことを理解し、医師の言うことを聞きながら治療に専念しましょう。

様々な不調の原因

歯並びが悪いと、食べ物をうまく噛めなくなります。
すると食べ物がそのままの形で胃に送られ、消化する時に負担を与えてしまいます。
また歯並びが悪いと、見た目が気になるでしょう。
これまで歯並びが悪いことが、コンプレックスだった人がいると思います。
今はマウスピースを使った方法で矯正できるので、悩みを解決してください。

また頭痛や肩凝り、首の凝りの原因が歯並びだったという事例も見られます。
そのように歯並びが悪いだけで身体全体の不調に繋がるので、早めに治すことをおすすめします。
小学校高学年ぐらいになれば、子供でも大人と同じようにマウスピースを使って歯並びを矯正できます。
子供が悩んでいる様子だったら、歯医者に連れて行きましょう。

この記事をシェアする
TOPへ戻る